2013年12月3日火曜日

サンノゼ→サンフランシスコを列車で移動

vExpert Blog Advent Calendar にお誘いいただいたのでブログを始めてみることにしました。
他の方のような高度なお話はできないので、箸休め的な役割で。。。インフラエンジニアのよくある困りごとに対するTipsをメモるブログにしようと思っております。

今回は、サンノゼからサンフランシスコ空港へ列車での移動方法を紹介します。
サンフランシスコのベイエリアには、外資系メーカーのオフィス訪問やイベントで行くことがあるかと思います。そこで、車が借りられればいいのですが、ちょっと他の手段で。。という方の参考になれば。

位置関係はこんな感じ。左上がサンフランシスコ、右下がサンノゼ


そんなケースあんのか?と思われそうなので、先日そんな状態になった私のケースを紹介します。
  • 行きは成田→サンノゼ便
  • 帰りはサンフランシスコ→成田
     (サンノゼ発は混んでいたのか飛行機代が倍くらいになってしまったので)
  • 一緒に行っていた同僚は皆サンノゼ便、レンタカーを返却するのもサンノゼ
    (私の運転は不安なレベル)
ということで車以外のサンノゼ→サンフランシスコの移動手段を調べてみた結果
  • ホテルからの送迎: 泊まったサンノゼのホテルから送迎があるのはサンノゼ空港なので×
  • タクシー: 早いし確実だけど、100ドル-120ドルくらいかかるのでちょっと...
  • 乗り合いバス: タクシーより安い。ただ今回ホテルでは受付してなかったのでパス
  • 電車: 一番安い。乗ったことないしチャレンジしてみよう!
ということで、まず Caltrain のSan Jose Diridon station から出発します。ここは始発。

え、ここにはどうやって行けばいいのかって?それはタクシーか同僚に送ってもらいましょう。バスもあります。(私は同僚に送ってもらったのでここは割愛します。すいません)

まず、チケットを買います。駅にはいるとすぐ券売機が目に入ります。
駅はいくつかのZoneに分かれていて、Zoneをどれだけまたぐかで料金が決まります。

One-way(片道)を選択します。タッチパネルじゃなくて横のボタンです

目的地のZoneを選択(今回は7ドルでした)

 何枚買うか選択


チケットは出てきますが改札はありません。後で電車の中でチェックされます


出発プラットフォームは複数ありますが、わからなくても"Ask Me!"と書かれたバッジをつけてる人がいるので、ウロウロしてると教えてくれます。

車両は2階建て

自転車用の車両があったり、やっちゃいけない事の掲示が若干ファンキーだったり、なんともアメリカっぽいです。


おそらくスーツケースを持参しての乗車になるので、荷物がある人用の車両(Luggage Car)へ乗りましょう。最初そういった車両があるのに気づかず普通の車両に乗ろうとして怒られました。。


荷物置き場。


Googleさんがある Mountain View やVMware さんがある Palo Altoを通って北上。


1時間ちょっと乗り、Millbraeという駅でBARTに乗り換えます。
Caltrainの駅のホームにBARTの改札と券売機があるのでそのまま行けます。
すぐ正面なので絶対わかるはず


しかし、このBARTの券売機が難解!
混んでいたので券売機の画面を写真に撮る余裕がなかったので文章のみで失礼します
  1. 目的地への金額を確認。(サンフランシスコ空港へは4.05ドルという張り紙がありました)
  2. お金を入れる
  3. 買いたい金額との差分をSubtract(動詞: 引き算する)ボタンを押して引いていく
  4. 購入
な、なんと引き算方式!他の方のブログを見るとお釣りが全部25セントだったり、Subtractは最大5ドルまでだったりするようなので、5ドル札と小銭を用意しておくといいと思います。

なんでこんな方式なのか。。。どうやらBARTの場合、切符というよりチャージ式のカードのイメージで、余った分があれば改札でカードが出てくるようです。ですので、また来るとか、往路だからまたBARTに乗るという方はSubtractしないでえいやと買ってしまってもいいと思います。

なくしても住所書いておけば返ってくるらしい。

若干曲者なのはこの改札機。手前から入れて、日本の改札機のように進んだ先から出てくるかと思いきや、手前から再度出てきます。それを抜かないとバーがopenしないので、10秒くらい立ち往生しちゃいました。



サンフランシスコ空港到着
改札を出る時、買った切符に残高があればカードが出てくるので次回のために回収

あとは空港内を移動するAir Train(モノレール)に乗ってInternational TerminalへGo!


ということで、意外と楽しく簡単に移動できました!いつも車で移動している方もたまには電車でいかがでしょうか。コストも削減できます


まとめ
  • 低コスト(合計11.05ドル)
  • 簡単。英語苦手でも大丈夫
  • 所要時間は約1時間半 (このCaltrainの電車は週末だと1時間一本くらいしかないので注意)
  • 治安面では心配はないと思います

さて、明日は仮想化でプリセールスしてる@ogawadさんのターンです

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。