2013年12月22日日曜日

英語勉強法 その1

どうも。前回『帯域遅延装置』って単語が出てこなかったら、『WAN simulatorじゃない?』ってあっさりogawadさんに言われてしまいました。そうでした。出てこなかった。そんな程度の英語力だというのがおわかりいただけたかと思います。

英語が苦手だったので文系ではなく理系に進んでエンジニアになったはずなのに、会社に入ったら英語が必要でヒーヒーしてしまった方、いるんではないでしょうか。私はこのパターンで、学生時代英語大嫌いでした。でも会社に入ってからで英語は(ある程度)何とかなると思います。『どうやって勉強したんですか?』と聞かれる事があるので、勉強履歴と方法を書いてみようと思います。参考になれば幸いです。

  • まずはじめに: 英語は筋トレ

皆様の周りにも英語ができる方というのはいると思います。私の周りの人にも、どう勉強してるのか聞いてみたところ、以下の意見が返ってきました
聞いてるだけで喋れるようになるなんて嘘っぱちだ。野球いくら見てたって、野球できるようになんねーだろ
たしかにそうです。私もそう思います。英語は筋トレだと思います。ということで地道に頑張りましょう。

  • 入社前: 英語大嫌い

実は英語で受験をしたことがなかったので、英語を頑張って勉強したことは皆無。どんな点数が出るか怖くてTOEICは受けたなかったです。とりあえずここからスタート。

  • 入社後: 学校探し

入社後、受けさせられた英語のテストで同期の成績分布図が示され、下の中か下の下くらいだったので、これはやばいと思って英語をやり始めました。これまで英語ができなかった人間がいきなり自習できるわけがないので、出費という痛みを最も伴う方法"マンツーマン"にしました。嫌いなことは切羽詰らないとやらない、それがインフラエンジニア(偏見)。もうここは割り切ってください。

で、Gabaとベルリッツの無料体験に行ってみました。どちらも1レッスン40分でマンツーマン。結局Gabaで60回くらいのコースに通うことにしました。Gabaを選んだ理由は↓こんな感じ。
  • 予約がフレキシブル。夜遅く(22:00スタート)までやってる
  • 毎回レッスンのまとめをWeb上のツールに講師がまとめてくれる
英語まったくできなかったのと、社会人1年目で自分の仕事終了時間がなかなか予想つかないしコントロールできなかったので、この2つが重要でした。ベルリッツはビジネス向けでちょっと高度という感じだし場所が固定だったので、ある程度できる方、予定が固定でもいい方にはベルリッツがいいんじゃないかと思います。

  • レッスンに通いだす: まずは続けましょう

1週間に2-3レッスンくらいのペースで通いました。IT系の話が通じる先生がいたので、その先生を集中的に指名してました。話題が合う先生を見つけるのが重要だと思います。全然喋ってくれない先生だと、こっちは喋れないし、向こうは喋ってくれないしで超気まずいです。また、もともと日本語でも盛り上がらない話題や相手は、英語だともっと盛り上がらないです。元エンジニアだった、という先生もいるのでインフラエンジニアの方はそういう話題がわかる方を指名するといいんじゃないかと思います。だって、ITに強くない親戚に会社の事を紹介するシーンを想像してください

『うちの会社はルータ売ってる会社』
『ルータってなに?』
 『えーっと。。。』
日本語で説明するのが難しいことを、英語で説明なんて無理じゃー。 (#ノー_ー)ノ彡┻━┻

大体最初は自分のこと、何故英語をやらないといけないのか、それに紐づいて会社のこと、を説明する事になるので、ちゃんと用意してレッスンにのぞむといいと思います。そうすると、まずはその特定の文章だけちゃんと喋れるようになります。 

そして、その特定の言い回しや文章というのを増やしていく、緊張なくサッと出せるようになる、ということが大事だと思います。あんまり単語の暗記とかはしませんでした。嫌いだから続かないし。

  • 半年後

60回を終えて、レベルは10段階のうちの2(助けを借りて日常会話ができる)から5(身近な話題では問題なく意思を伝えられる)になってました。社内で英語のドキュメントを読む機会もあったので、その頃にはTOEIC 500くらいにはなってました。(実際は、TOEICではなくてもうちょっと簡易なCASECというがGabaのコースについていたのでその結果から大体TOEICだとこんくらい、という数字です)

とりあえず続いたし、英語力が伸びたので英語嫌いはなくなっていたと思います。まずは英語アレルギーを直ったので通ってよかったと思っています。でも、そこでGabaはやめました。その理由とその後の勉強法は次回。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。