2014年2月16日日曜日

英語復習 Week 2 Feb

週1で英語の教室に通っているので、復習もかねて使えそうな表現とかを書いてみることにしました。
  • 話者の判断: would
would といえば、色んな使い方がありますが、性格や状況から話者が判断した『〜だろう』と言うのに使えます。例えば『彼はそんな事言わないよー = he wouldn't say such a thing』なんて使えます。自分の意見を言うとき、つい I think... と言ってしまい、think が連発になってしまうような事を避けれると思います。
インフラエンジニア的には、『こう動くと思うんだけどなー』って時に使えるかと。

  • 勤勉な: hard working, diligent, industrious
今通っている教室は、言い方を3つくらい持っておけばそのうち1個がすぐ出てこなくても大丈夫。ということで何個か言い方を教えてくれます。人を褒める時とかにお使いください。

  • 恥ずかしい : be ashamed of, be embarrassed
 be ashamed of の後には、恥ずかしいと思う事を入れてください。こっちは不名誉で恥ずかしい感じだそうです。自分で赤面するような恥ずかしさの時にはbe embarrassedの方で。
インフラエンジニア的には、『(ぎゃー、やっちまったー) 恥ずかしー!: I'm embarrassed!』って時に使えるかと。

  • 確かに: indeed, it is true that, to be sure that
『確かにXXだけどー、YY だよ』と言いたいとき。 例えば、『彼は有能だけど昇進できないでしょう』をwould(話者の判断)と組み合わせて言うと
 Indeed he is capable but his boss wouldn't give him a promotion.

まず一回相手の意見を受け止めてから喋りたいときに使えます。to be sure の場合、文頭には置かないらしい。日本語の順番と同じなのでIndeedが使いやすいと思います。

  • 理由を言う: Because, As, Since
ついBecauseを連発してしまいがちなので、それを避けれます。個人的には最近 Asがお気に入り。Because より軽い感じで使える気がする

  • 今日、最近、近々
『最近はXXXX』って話すときに使えます。それぞれ使うときの文章の時制が決まってます。
今日(こんにち): today, nodaways, these days → 現在、現在進行
最近: lately, recently → 過去、現在完了
近々: one of these days → 未来

例えば
Today, many people are studying English. (Today: 現在)
Did you see him lately? (lately: 過去)

たしかにまとめてみると言われた通りな気がするのですんなり入ってくるかと。これがわかると今の話をしているのか、ちょっと前の話をしてるのか、ちょっと先の話をしてるのかがわかって便利

  • 考える: consider
考える、と言えばthinkをよく使いますが、その後の前置詞ってof? about?なんだったっけな?と迷う事があるので、前置詞に悩む必要ないconsiderがオススメ。

  • 存在を示す: see
存在を示す時の言い方って複数ありますが、see が万能
例えば、猫がテーブルの下にいるとき
There is a cat under the table.
でも、これが Tama という特定の猫になったら
Tama is under the table.
になります。seeだったら、どっちの場合でも
I see Tama(a cat) under the table でいけるので楽。

『CCIEで難しい問題に出くわすよ!』って時にも『You will see difficult questions in the CCIE exam!』と、seeで言い換えるととっても便利 

今通っている英語教室は、これを覚えておけば楽、という万能な表現を教えてくれるので気に入ってます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。