2015年8月24日月曜日

アパート探し

ついてまずやったことは、アパート探し。最初のホテル暮らしが長いと出費がきついので、事前にネットで検索して、中を見たり説明をしてもらうアポをいくつかとっておきました。

検索はこのへんで。大体どこも一緒

  • http://www.rent.com/
  • http://www.apartments.com/
  • http://www.apartmentguide.com/


日本のように不動産屋さんに行ってまとめていろいろ見せてもらうようなスタイルではなく、leasing officeが敷地内にあって、そこにいるスタッフから話を聞いて中を見せてもらうのが主流のようです。なのでちょっと日本人の感覚からするとめんどい。しかも、ネットからの予約は電話番号が必須だったりして、日本の番号だとはじかれたりします。そんな場合は電話で予約しちゃいましょう。ちなみにメールだと返事かえってこないこともありました。。。

claigslistで探すとかルームメイトを探すという手もありますが、私の場合まだ慣れてないし早めに決めたかったので、一人暮らしでStudio(日本で言う1R)か1 Bedroom(日本で言う1LDK/1DK)で探しました。会社が補助してくれたり、自分で英語で色々するのを避けたい方は日本人向けのサービスもあるようです。高そうだけど。。

後は見に行って、決まれば契約。前の人の退去時期によっては実際の部屋を見れないので、早く決めたい場合はもどかしい。。そして、日本と違うのは入居時期によって金額が結構変わること。ネットで見ていると価格が2000-2500ドルみたいにRangeで書いてあります。すぐ入れば安く、先延ばしにすると高くなる傾向があります。また、借りる期間によってもかなり変わります。短期間だと高い。大体12ヶ月の場合の金額がネットに書いてあります。

いいなと思えば契約ですが、ここで来たばっかりのSSNがない人は大体これくらい払わされます。
  • Deposit $300-700 + 手続き費用 ($30 -50くらい)
  • Security deposit (家賃一か月分)
  • 最初の一ヶ月分の家賃
私が見たところは、大体アパートの管理会社のサイトがあってそこからネットで支払う形が多かったです。後は、身分の証明等のために以下のものは見学・契約に行くときに持っていったほうがいいです。大体手続きごとのときはこの3点セット持ち歩いてました
  • パスポート、VISA
  • I-94 (出入国の記録。Webでダウンロードできるので印刷しとく)
  • 雇用証明書やオファーレター

その次に、Keyの受け渡しですが、その前に以下のことも必要です
  • 保険にちゃんと入ってることの証明を提出
  • PG&E(東京電力+東京ガス的なところ)のアカウント番号
私の場合、保険はそのアパートの管理会社のサイトに乗ってた保険会社にそのまましました。契約したらその証拠のページを提出。PG&Eの番号は、それがないと電気ガスが住んでる自分にChargeされないので、これがないとKey渡してくれません。PG&Eは、SSNがないと窓口に行って契約する必要があります。近場を探して行きましょう。ここでもSSNがないのでDeposit取られます。アカウント番号は窓口の人が紙に書いてくれると思います。

今後、居住/住所の証明の時にこのPG&Eの支払い明細(Bill)を使う機会がちょいちょいあります。ネットから支払い・印刷できるのでそうしておくと便利かと。

全部そろったら、Keyを渡してもらって、大きな破損がないかの認識あわせがてら部屋の中身の説明してもらって完了。洗濯機の使い方とかコンロやレンジもちょっと日本と雰囲気が違うのでそこで教えてもらいました。

私の場合は7/19にUS着でそのままアパート見て、7/20に会社初出社後その日の夕方にもうちょっと部屋見て、7/21に決断。7/21-22はアパートの管理サイトが落ちてて支払えず。。(そんなこともあるので注意)7/23に契約。保険の契約したり、PG&Eに行く。7/24に鍵受け取り。でもまだベッドがないので週末にベッド搬入(平日に購入だけしといた)して週明けから住み始め。

ということで結構急いだほうだけど1週間はかかりますね


その他

  • Studioや1 Bedroomだと、部屋に洗濯機がない事が多いです。共用のコインランドリーが敷地内にありそれを使います。部屋に付いててほしいのですがついてると高い!悩みどころです。
  • 電気・ガスの話しか書いてませんが、他にも水やごみ捨て費用がかかります。別だったり、含まれてるアパートもあるので要確認。
  • 7月末-8月の時期は学生が新たな生活始めたり、会社の会計年度の変わり目ということがあるせいか、一番高い時期らしいです。
  • 結構な大金なのでCheckで払うという手もありますが、他の買い物のときにパスポートがIDだとCheck使えないことがあったので、Union bankでDebit 機能つきのATMカードを日本にいる間に作っておくとよいと思います。 
  • 上記の予約ややりとりもありますし、契約の際に書くこともあるので、現地の番号のプリペイド携帯はあったほうが楽です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。